東京個別指導学院「教育資金贈与活用プラン」…証明書類の発行など

教育・受験 学校・塾・予備校

東京個別指導学院
  • 東京個別指導学院
  • 「教育資金贈与活用プラン」設定のお知らせ
 個別指導塾の東京個別指導学院は4月1日、教育資金の一括贈与非課税措置利用者向けに「教育資金贈与活用プラン」を開始した。証明書類の発行や贈与者への感謝レター作成支援などを行う。

 「教育資金の一括贈与非課税措置」とは、孫が30歳未満であれば、祖父母から孫への教育資金を1,500万円までは非課税とする制度。2013年4月1日~2015年12月31日までの3年間の措置で、子・孫ごとに1,500万円まで非課税になる。電通の調査によると、祖父母の45%に贈与意向があり、贈与希望額は平均482万円に上るという。

 教育資金の一括贈与非課税措置を利用する場合、教育資金支出を証明する書類が必要となる。教育資金贈与活用プランでは、同塾に支払った授業料などの教育資金支出証明書類を、教育資金の一括贈与非課税措置に適合する形で発行してくれる。ただし、金融機関等での手続きが完了していることが前提。

 また、「教育資金を贈与してくれた祖父母に感謝の気持ちを伝えたい」と希望する塾生には、同塾オリジナルの感謝レター作成支援をする(1回のみ)。

 さらに、「長期休み学習ボーナス」として、夏休みや学校の長期休みに同塾で実施する講習会3コマ分の授業を追加進呈する。

 なお、同プランは、東京個別指導学院のほか、関西個別指導学院と京都個別指導学院のすべての教室で提供する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)