大学生の働きたい組織は「安定し、確実な事業成長を目指している」約8割

 リクルートキャリアの研究機関・就職みらい研究所は4月16日、大学生の働きたい組織の実態調査を発表した。大学生の約8割が「安定し、確実な事業成長を目指している」組織に働きたいと感じていることがわかった。

生活・健康 その他
大学生(全体)の特徴
  • 大学生(全体)の特徴
  • リクルートキャリアのホームページ
 リクルートキャリアの研究機関・就職みらい研究所は4月16日、大学生の働きたい組織の実態調査を発表した。大学生の約8割が「安定し、確実な事業成長を目指している」組織に働きたいと感じていることがわかった。

 同調査は、2014年3月卒業予定の大学・大学院生40万7,837人を対象に、働きたい組織(企業、団体、官庁など)の特徴についてメールで調査を告知し、調査用のホームページで回答を回収した。調査期間は、2013年2月1日~2月5日。

 大学生(全体)の働きたい組織として、「安定し、確実な事業成長を目指している」78.5%、「周囲に優秀な人材が多く、刺激を受けられる」80.9%、「仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる」82.6%、「ウェットな人間関係で、プライベートも仲が良い」81.6%、「コミュニケーションが密で、一体感を求められる」86.2%などの特徴が見られる。

 男女別にみると、女性は男性に比べ、「給与は低いが、個人間で待遇に大きく差がついたり、降格になったりする可能性は小さい」「個人の生活をサポートする制度(休暇制度や各種手当など)を充実させる代わりに、給与は低い」などの割合が高い。

 文理別にみると、理系は「これまでの経験(学業など)を活かして成長できる」の割合が高い傾向がみられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)