東京都、小・中・高校生対象「明るい選挙ポスターコンクール」の作品募集

生活・健康

平成24年度最優秀賞受賞作品1
  • 平成24年度最優秀賞受賞作品1
  • 平成24年度最優秀賞受賞作品2
  • 平成24年度最優秀賞受賞作品3
  • 平成24年度最優秀賞受賞作品4
 東京都選挙管理委員会は、小・中・高校生を対象に「明るい選挙ポスターコンクール」を実施する。テーマは「投票参加を求めるもの、明るい選挙に関すること」で、東京都内に在住・在学の小・中・高校生から広く作品を募集している。作品の締切りは各学校で決められた日程となっている。

 明るい選挙の推進運動はその昔、「公明選挙運動」と呼ばれていた。1965年3月には“みんなに親しまれるように”と名称を改めて公募し「明るく正しい選挙」となった。その後、1974年には簡潔化と“明るく”の中に“正しい”の意味が入っているという意見などをもとに、現在の「明るい選挙推進運動」という呼び名が生まれたのだという。

 東京都選挙管理委員会では、将来の有権者となる児童・生徒に、選挙への関心を高めてもらうため、毎年「明るい選挙ポスターコンクール」を実施している。この応募作品は年々増加しており、昨年度は過去最多となる19,533点を集め、都道府県別でも最多となった。6月には都議会議員選挙、7月には参議院議員選挙が控えており、今年度も選挙への関心を高め、投票することで未来をひらくことができると希望を持てるポスターをと呼びかけている。

 学校に提出しない場合は、9月6日までに、住いの区市町村選挙管理委員会に提出する。

◆「明るい選挙ポスターコンクール」
テーマ:投票参加を求めるもの、明るい選挙に関すること
応募資格:東京都内に在住・在学の小学生・中学生・高校生
締切り:学校に提出する場合は各学校で決められた日。
     それ以外は9月6日(金)まで(住いの区市町村選挙管理委員会に提出)
規格:四つ切り(54.2cm×38.2cm)または八つ切り(38.2cm×27.1cm)の大きさの画用紙
※画材は絵の具だけに限らない
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)