全国の中学生が競う「科学の甲子園ジュニア全国大会」創設

教育・受験 学習

科学の甲子園ジュニア全国大会
  • 科学の甲子園ジュニア全国大会
  • 都道府県代表選考予定(一部)
 科学技術振興機構(JST)は5月16日、全国の中学生が都道府県を代表して科学の知識・技能を競う「科学の甲子園ジュニア全国大会」を創設したと発表した。第1回全国大会は、2013年12月21日~22日に東京で開催される。

 生徒の「理科離れ」が指摘されているなか、全国の中学生が科学と実生活・実社会との関連に気付き、科学を学ぶことの意義や科学好きな仲間と集う楽しさを実感できる場を提供するため、「科学の甲子園ジュニア全国大会」が創設されたという。

 全国大会の予選会は、各都道府県教育委員会が選考方法を定め、各都道府県の全国大会出場チームを選考する。参加条件は、中学1・2年生。全国大会では「筆記競技」と「実技競技」を行う。筆記競技は6人1チーム、実技競技は3人1チームで、課題を分担・相談するなど協力して成果を競い合う。

◆科学の甲子園ジュニア全国大会
日程:2013年12月21日~22日
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
主催:科学技術振興機構
共催:全国中学校理科教育研究会
後援:文部科学省、東京都教育委員会、全日本中学校長会(申請予定)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)