中高生のITサマーキャンプに「Windows8アプリ開発コース」新設

教育ICT ソフト・アプリ

Windows8アプリ開発コース
  • Windows8アプリ開発コース
  • Life is Tech!
 中高生のためのITキャンプを開催する「ライフイズテック(Life is Tech!)」は今夏、マイクロソフト社の協力で「2013サマーキャンプ」に「Windows8アプリ開発コース」を新設する。昨年リリースされたWindowsの最新OSのオリジナルアプリを3つ以上作ることができる。

 同社では毎年、春・夏・冬の長期休み中に全国の大学キャンパスで3~5日間のキャンプを企画。中高生がiPhoneアプリの開発、ゲームデザインなど、最新IT技術を学ぶことで、「創造する力」と「つくる技術」の習得を目指している。

 新設する「Windows8アプリ開発コース」では、HTML/CSS、JavaScriptを使って、Windows 8のオリジナルアプリを開発。初心者から経験者まで幅広く対応したカリキュラムを用意しており、基礎コースではアプリ開発の初歩や基礎を学習。自分のアイデアを盛り込みながら、オリジナル時計アプリ、カウントアプリ&電卓アプリ、Webビデオプレイヤーアプリ、クイズアプリなどを作る。中級講座は、2014年春にオープン予定。

 会場は、東京大学本郷キャンパスと慶應SFCキャンパス。中高生5人に対し、1人の大学生がメンターとして教えるため、参加者の進捗に合わせてカリキュラムを進めることができるほか、パソコンやスマートフォンをほとんど触ったことがない人でも技術習得できるカリキュラムを用意しているという。

 なお、無料一日体験会も予定されているが、同コースの定員はすでに満席となっている。5月31日までの申し込みには、早期割引がある。ほかに友達割、兄弟・姉妹割もある。通いプラン・宿泊プラン、PC持参・PC貸出などによっても料金は異なる。日程や詳しい料金は、ホームページを参照のこと。

◆2013サマーキャンプ「Windows8アプリ開発コース」
会場:東京大学本郷キャンパス・慶應SFCキャンパス
対象:中学生・高校生
申込方法:Webサイトより
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)