鉄道車輪のしくみを間近で見学できる「鉄道ワークショップ2013」8月に開催

趣味・娯楽 その他

【1日目】東京地下鉄の車両基地見学(イメージ写真)
  • 【1日目】東京地下鉄の車両基地見学(イメージ写真)
  • 【2日目】東京大学駒場リサーチキャンパスでの講義(イメージ写真)
 東京地下鉄と東京大学生産技術研究所は5月28日、「鉄道ワークショップ2013~車輪のしくみを見てみよう~」の開催を発表した。夏休み中の2日間、鉄道車輪について楽しく学べるカリキュラムとなっている。対象は中高生で、参加費は無料だ。

 今回、初の取り組みとなる同ワークショップは、東京地下鉄と東大の生産技術研究所が連携し、お互いのリソースを活用して次世代を担う人材を育成することを目的としている。

 2日間の講座で、1日目は東京地下鉄の車両基地において普段見ることができない地下鉄車両の点検作業を見学し、2日目は東大駒場リサーチキャンパスで車輪の曲がるしくみの実験や講義を行う。対象は中学生と高校生で、それぞれ25名ずつ募集する。

 中学生クラスは8月22日(木)~23日(金)、高校生クラスは8月29日(木)~30日(金)に実施される。参加費用は無料。参加希望者は、A4用紙に必要事項を記載し、「あなたがつくってみたい『未来の乗り物』」というテーマで400字以内の作文を提出する。応募締切は7月12日(当日消印有効)となっており、応募者が多数の場合は、作文による選考を行う。

 普段入ることができない地下鉄車両基地に入り、間近で車輪のしくみを見ることができるまたとない機会だ。夏休みの体験学習に参加してみてはいかがだろう。

◆「鉄道ワークショップ2013~車輪のしくみを見てみよう~」
・日時:
 中学生クラス(中1~中3):2013年8月22日(木)・8月23日(金)
 高校生クラス(高1~高3):2013年8月29日(木)・8月30日(金)
 時間は各日とも13:00~16:00(予定)
・開催場所:
 1日目:東京地下鉄中野車両基地
 2日目:東京大学生産技術研究所駒場リサーチキャンパス
・参加費:無料(ただし会場までの往復交通費は参加者負担)
・対象および定員:
 中学生クラス:中学1年生~中学3年生 25名
 高校生クラス:高校1年生~高校3年生 25名
・応募方法:A4サイズの用紙に、必要事項を記載し、以下の宛先まで封書で送付する。
【記載事項】氏名(ふりがな)/生年月日/学校名/学年/性別/郵便番号/住所/電話番号/課題作文(テーマ「「あなたがつくってみたい『未来の乗り物』」※400文字以内)※書式自由。パソコン、手書きのどちらでもよい
【応募先】〒110-8799 日本郵便(株)上野郵便局 私書箱51号「鉄道ワークショップ2013」係
・応募期間:2013年5月28日(火)~7月12日(金)※当日消印有効
・受講料:無料(会場までの交通費、宿泊費は自己負担)
・参加者の決定について:定員を上回る応募があった場合は作文による選考を実施。当選者には参加証を発送する。
・問い合わせ先:「鉄道ワークショップ2013」事務局 TEL:03-3837-7267(土日祝日を除く10:00~17:00)
《楠原 恵子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)