【朝刊・教育】福島県双葉郡に中高一貫校創設、アレルギー表示の新方針

教育・受験 その他

本文とは関係ありません(イメージ写真)
  • 本文とは関係ありません(イメージ写真)
 朝日、読売、毎日、日経の各朝刊から、気になる教育・子ども関連記事をピックアップ。6月5日は、福島県双葉郡に中高一貫校創設、アレルギー表示の新方針など。

・福島県双葉郡内の生徒ら対象の中高一貫校の創設へ(読売新聞、毎日新聞)

・加工食品のアレルギー表示について、消費者庁は「カシューナッツ」と「ゴマ」を推奨表示品目に加える方針(読売新聞)

・北海道内の公立小中高校と特別支援学校の約61万人を対象に体罰についてアンケートした結果、新たに75件が判明(読売新聞、毎日新聞)

・子どもの体力低下を懸念して子どもの運動能力向上を幼児期から進める試みが拡大(日経新聞)

・災害時を想定し、文京区で今年度から2年間かけてすべての区立小中学校で防災宿泊を実施(朝日新聞)

・仙台の小学生が修学旅行で福島県会津若松市を訪れ、市内に避難している小学生と交流(読売新聞)

・神奈川県立海老名高校が収入を確保することの大切さを認識してもらおうと、ライフプランを学ぶ公民科の授業を導入(読売新聞)

・学生らが得意科目を動画で教える「マナビー」を利用し、地方で大学受験を乗り越える受験生を紹介(朝日新聞)

・元杉並区立和田中学校校長の藤原和博氏が行き詰っている大学教育のテコ入れ策としてMOOCsやe-Educationなどのオンライン講義を紹介(毎日新聞)

・就活が多様化し、企業がキーワードで検索して学生を選ぶ「逆指名」や企業と学生が1対1で向き合う選考など、新ビジネスが登場(日経新聞)

・パイオニアは日本マイクロソフトと東京書籍の2社と連携して電子黒板の機能を増やし、学校内での連絡や時間割のほか、自治体からの災害情報を表示(日経新聞)

・ファイナンシャルプランナーが子どもの大学進学の学費準備の方法を紹介(日経新聞)

・新生児集中治療室(NICU)で家族がケアに参加することで子どもの心身の発達に好影響 (朝日新聞)

・今秋に改装開業する伊勢丹松戸店にボーネルンドが運営する「キドキド」が出店、百貨店に入るのは初めて(日経新聞)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)