【朝刊・教育】公立小中学校も民間運営へ、甲子園の地方大会日程発表

教育・受験 その他

本文とは関係ありません(イメージ写真)
  • 本文とは関係ありません(イメージ写真)
 朝日、読売、毎日、日経の各朝刊から、気になる教育・子ども関連記事をピックアップ。6月11日は、既設公立校も民間運営へ、甲子園の地方大会日程発表、安倍首相の成長戦略を問うなど。

・政府は国家戦略特区で既設の公立小中学校も民間に運営を委託できるようにする(日経新聞)

・第95回全国高校野球選手権記念大会の49代表を決める地方大会の日程が発表、22日の南北海道と沖縄を皮切りに7月31日の宮城で全49代表が出そろう(朝日新聞)

・夏休み期間中、小中学生最大1,000人超を首相官邸や公邸に招待する見学会開催(日経新聞)

・スキージャンプのW杯で個人総合優勝した高梨は、世界を見据えグレースマウンテン・インターナショナルスクールへ進学(読売新聞)

・湯河原中学校2年の男子生徒が4月に自殺した問題で、同学年の男子生徒3人が県警に対して「面白かった」などと話す一方で、「自分たちの行為はいじめになると思う」と反省(朝日新聞)

・孫へ贈与「教育信託」人気により、信託各行も顧客を増やすチャンスと見て、さまざまな優遇策を打ち出す(読売新聞)

・2009年都議選で「都立病院を守る」と公約として掲げたが選挙後、小児科病院が統廃合容認となり、都議に不信感(朝日新聞)

・就活で「長所を教えてください」などは、業界や職種を問わず、もっとも多く採用されている設問の一つで、実体験を具体的にPRすべきと指南(読売新聞)

・毎日新聞社と提携講座を持つ昭和女子大学で行われた就職ガイダンスをレポート(毎日新聞)

・「どの職種でも重要なのは、コミュニケーション力。より大切なのは、話す力ではなく、聞く力」と東建コーポレーションの人事管理部長(読売新聞)

・政府が女性に若いうちに子どもを産むように呼びかけるよりも、雇用政策や保育環境を整えたりするほうが効果が上がると社説で指摘(毎日新聞)

・「女性の活躍」について適切な政策目標を掲げるべきと安倍首相の成長戦略を問う(日経新聞)

・安倍首相が17年度までに待機児童ゼロを掲げたことで、企業の認可保育所運営参入を認める自治体が増加(日経新聞)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)