村田製作所、小学生親子対象の電子工作教室7/26 横浜

教育・受験 学習

電子工作教室「ブルブル星人&トントンリモコン」を作ろう!
  • 電子工作教室「ブルブル星人&トントンリモコン」を作ろう!
  • ブルブル星人&トントンリモコン
  • ブルブル星人&トントンリモコン
 村田製作所は、保護者同伴の小学校高学年を対象とした子ども向け「電子工作教室」を7月26日に横浜の関連会社で開催する。参加は無料だが申込みが必要。

 村田製作所は、セラミックスコンデンサなどでトップシェアを誇る電子部品メーカー。同社の技術を結集して製作した自律走行ロボット「ムラタセイサク君」「ムラタセイコちゃん」なども注目を集めている。

 同社では「CSR活動を意識した理科教育の推進」を重点テーマに掲げ、小中学生を対象とした電子工作教室を2007年より開催。電子工作教室を通じて、ものづくりや電子工作の楽しさを体感する場を提供するとともに、理科離れやものづくり人材の減少をくいとめ、次世代を担う子どもたちに理科や科学の面白さをアピールしていきたいという。

 今回は、同社エンジニアが開発したオリジナルの電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の工作を行う。はんだ付けが必要な作業となるが、道具は同社が用意し、現役エンジニアが工作をサポートする。また、組み立てたキットは持ち帰ることができる。

 ブルブル星人は、ボタンのない不思議なリモコン(トントンリモコン)を操作することで、左右に曲がることのできるロボット。リモコンには同社のショックセンサを搭載しており、指先でリモコンの側面をタッピングして操作する。

 ブルブル星人にはタイヤがついておらず、本体の裏側についている2つのモーターの振動を利用して、体全体を震わせながら滑るように進む。振動を伝える針金(足)の角度を変えることで進む方向やスピードを変えることができる。

◆電子工作教室「ブルブル星人&トントンリモコン」を作ろう!
日時:7月26日(金)14:30~17:00
会場:ムラタエレクトロニクス 本社(神奈川県横浜市)
対象:保護者同伴の小学校高学年
応募人数:15組30名(応募者多数の場合、抽選)
参加費:無料
締切:7月8日(月)
応募方法:はがき
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)