富士通がタイの大学で学生支援システムを実証実験、きめ細かな学習支援が目的

教育ICT 学校・塾・予備校

チュラロンコン大学ホームページ
  • チュラロンコン大学ホームページ
  • 「Campusmate-J」画面イメージ
 富士通、Fujitsu Systems Business(Thailand)Ltd.、タイの王立大学であるチュラロンコン大学は19日、学生ポートフォリオシステムの活用に関する実証実験を、共同実施することを発表した。

 チュラロンコン大学内に、富士通の大学向け学生支援システム「Campusmate-J/Student」シリーズを基盤とした学生ポートフォリオシステムを構築し、チュラロンコン大学での有効性評価、およびタイ王国の大学で必要とされる機能の拡充を目的に実験を行う。

 学生の基本情報や履修登録、学業成績などの各種情報を、学生ポートフォリオシステム上に集約することで、教職員は今回の利用対象者となるスポーツ、芸術、文化などに秀でた学生の状況や要望を確認可能となる。また学生一人1人の状況に合わせ、きめ細かな情報提供やアドバイスが可能となる。タイ王国の大学制度や文化に適応した新たな機能も追加する予定。

 チュラロンコン大学の学生数は約38,000人だが、スポーツ、芸術、文化などに秀でた学生向けの特別プログラム対象者400名の在学生(およびその担当教員・職員)を、さらにきめ細かに支援することによって、学生の能力をさらに伸ばし、大学への満足度を上げることを期待しているとのこと。

富士通、タイで学生ポートフォリオシステムの活用実証実験を開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)