鉄道の日にちなみ「関東の鉄道お宝発見フォトラリー・フォトコンテスト」開催

生活・健康 交通・クルマ

昨年のフォトコンテストの最優秀賞作品
  • 昨年のフォトコンテストの最優秀賞作品
  • 昨年の優秀賞作品
  • 関東運輸局のホームページ
  「鉄道の日」関東実行委員会は、10月の鉄道の日を前に、「第5回関東の鉄道お宝発見フォトラリー・フォトコンテスト」を開催中。対象のお宝を写真に収めながら巡るフォトラリーや鉄道に関する写真を公募する。ラリーは10月4日まで、コンテストは8月28日締め切り。

 国内初の鉄道が10月14日に開通したことから、「鉄道の日」と定めて、毎年記念イベントを実施。今回のテーマは「新発見 鉄道に乗って宝探しに出かけよう!」。鉄道会社が推薦する車両や駅舎、記念碑などの自慢のお宝をフォトラリー帳に収めたり、撮影をしてコンテストに応募するなど、自分なりの楽しみ方ができる。

 フォトラリーは、お宝の所在地や撮影の注意点が記載された専用アルバムのフォトラリー帳を入手する。対象のお宝を撮影してファイルに収めて巡り、10点以上の写真をファイルすると10月5日に横浜で行われる「鉄道の日」イベント会場で記念品が贈呈される。ファイルは限定2,000冊で1人1冊まで、JR東京駅など関東の駅などで無料配布している。詳しい配布場所はホームページで確認できる。

 フォトコンテストは、対象のお宝や近隣沿線で撮影した鉄道に関する写真を応募する。写真のサイズは六つ切り(20.3センチ×25.4センチ)サイズ(ワイド可)またはA4サイズとし、デジタルカメラは同程度のサイズにプリントアウトしたもの。審査会で入選すると「鉄道の日」イベント会場で表彰式が行われ、優秀作品には旅行券の副賞が贈られる。

◆第5回関東の鉄道お宝発見フォトラリー・フォトコンテスト
フォトラリー:専用のフォトラリー帳に鉄道会社が推薦するお宝を撮影して収める。
実施期間:10月4日(金)鉄道の日記念イベント前日まで
フォトコンテスト:被写体は対象のお宝、またはお宝の近隣沿線で列車や駅舎などが写った鉄道に関連する写真であること。
応募作品:2012年9月1日から2013年8月28日までに撮影されたもの。六つ切り(20.3センチ×25.4センチ)サイズ(ワイド可)またはA4サイズとし、デジタルカメラは同程度のサイズにプリントアウトしたもの。必要事項を記入した応募用紙を添えて応募する。
締め切り:8月28日(水)当日消印有効
応募先:「鉄道の日」関東実行委員会(横浜市中区仲通5-57横浜第2合同庁舎17階関東運輸局鉄道部監理課)
審査発表、記念品贈呈式:10月5日(土)横浜駅東口「新都市プラザ」
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)