宮沢賢治の町から全国高校生童話大賞の作品を募集

教育・受験 学習

全国高校生童話大賞
  • 全国高校生童話大賞
  • 昨年の表彰式の様子
  • 宮沢賢治の故郷、岩手県花巻市
 童話作家、宮沢賢治の故郷である岩手県花巻市が「全国高校生童話大賞」の作品を募集。毎年全国から応募のあるコンテストで、優秀作品は花巻市への研修旅行が贈られる。締め切りは9月15日。主催は花巻市、花巻市教育委員会、富士大学からなる同実行委員会。

 高校生に「童話」という夢のある自由な表現の場と、想像力とみずみずしい感性を引き出す機会を提供したいと始まり、今回で13回目になる。昨年は全国から1,032作品の応募があった。

 対象は現役の高校生であること。応募方法は400字詰めの縦書き原稿用紙に5枚以上20枚以下で書く。ワープロであれば、1ページを400字とし、余白にページ数を記入する。テーマは自由で、作品数に制限はない。

 ホームページには、「あきらめないで、タマゴさん!」と題して、書き方のヒントや審査員からのアドバイス、過去の受賞作品のライブラリーなどが紹介され、興味のある生徒を応援。

 選考委員は童話作家の小野寺悦子氏、柏葉幸子氏、宮沢賢治記念館副館長の牛崎敏哉氏、富士大学教授の畠中祥夫氏。

 審査発表は11月29日。本人あてに通知するほか、公式サイト上に掲載される。

 金の星賞(1人)、銀の星賞(3人)に選ばれると、たてや図書カードのほか、受賞者と保護者1人を「賢治のまち花巻」への研修旅行が副賞として贈られる。また、応募者全員に記念のしおりと受賞作品の小冊子を進呈する。

 表彰式は12月22日、花巻市で行う予定。

◆第13回全国高校生童話大賞
対象:現役高校生であること
応募方法:400字詰めの縦書き原稿用紙に5枚以上20枚以下で書く(ワープロも可)。原稿用紙の1ページ目に作品タイトルを入れる。応募用紙をホームページからダウンロードし、必要事項を記入し作品と一緒に送付する。1人何点でも応募できる。
応募先:全国高校生童話大賞実行委員会事務局(花巻市下根子450-3)
締め切り:9月15日(日)当日消印有効
審査発表:11月29日(金)
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)