植物や植物工場のしくみを親子で学べるスペースを開設、新宿タカシマヤ

 NTTファシリティーズと明治大学は、植物や植物工場のしくみを学ぶことができる「植物工場サイエンスギャラリー」を、新宿タカシマヤタイムズスクエア(12階イベントスペース)に開設すると発表。8月6日に開設され、12月31日まで展示するという。

教育・受験 学習
新宿タカシマヤタイムズスクエア(Webサイト)
  • 新宿タカシマヤタイムズスクエア(Webサイト)
  • NTTファシリティーズ(Webサイト)
 NTTファシリティーズと明治大学は、植物や植物工場のしくみを学ぶことができる「植物工場サイエンスギャラリー」を、新宿タカシマヤタイムズスクエア(12階イベントスペース)に開設すると発表。8月6日に開設され、12月31日まで展示するという。

 同ギャラリーは、2011年度から植物工場に関わる共同研究を行っているNTTファシリティーズと池田准教授、そしてタカシマヤタイムズスクエアを運営・管理する高島屋新宿店・東神開発の協賛のもと実現。共同研究成果を広く社会へ発表する活動の一環として行うという。

 「植物工場サイエンスギャラリー」では、完全人工光型植物工場を設置し、葉菜類を栽培する「植物工場展示ゾーン」、植物と自然環境の関係がわかりやすく学べる「教育ゾーン」、3.NTTファシリティーズの農業ビジネスの取組み等を紹介する「展示ゾーン」の3ゾーンで構成され、植物工場に対する関心や知識を多くの人々に持ってもらうことを目的としている。

 また、植物工場で栽培した野菜をレストランなどで消費する店産店消モデルの実証や、新宿タカシマヤタイムズスクエアに入居しているテナントとのタイアップ企画なども行っていくという。まずはオープニングイベントとして、8月6日14時から27日まで、東急ハンズ新宿店「PLAY SCIENCE」と連携した夏休みイベントを実施する。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)