京大の花山天文台が1週間の特別公開…喜多郎の野外コンサートも実施

 京都大学は、9月16日から20日までの5日間、花山天文台(京都市山科区)を特別公開すると発表。主要な観測施設や研究施設の公開に加え、45cm屈折望遠鏡による観望会や4次元デジタル宇宙シアターなども体験できるという。

教育・受験 学習
花山天文台特別公開ウィーク
  • 花山天文台特別公開ウィーク
  • 口径45cm屈折赤道儀
  • 太陽館(70cmシーロスタット)
  • 18cm屈折赤道儀
 京都大学は、9月16日から20日までの5日間、花山天文台(京都市山科区)を特別公開すると発表。主要な観測施設や研究施設の公開に加え、45cm屈折望遠鏡による観望会や4次元デジタル宇宙シアターなども体験できるという。

 80年の歴史を持つ花山天文台は、現在太陽観測とデータ解析および理論数値シミュレーション研究を中心として、大学院学生と学部学生の教育実習施設の役割を担っている。今回の特別公開は、花山天文台が京都市の「京都を彩る建物や庭園」に選ばれたことを記念して開催するイベント。

 特別公開では、花山天文台の主要な観測施設、研究施設などの公開および展示陳列のほか、宇宙旅行を疑似体験できる4次元デジタル宇宙シアターを開催する。また、特別公開のフィナーレを飾るイベントとして、夜空を眺めながら喜多郎氏の生演奏を楽しむ野外コンサートを9月22日に開催する。

 なお、特別公開および野外コンサートには定員があるため、事前の申込みが必要、京都大学の特設ページにて受付けている。

◆花山天文台特別公開ウィーク
日時:9月16 日~22日
会場:花山天文台(京都市山科区)
定員:昼の部・夜の部、各100名(抽選)、野外コンサートは150名(抽選)
参加料:無料
締切:平日公開週間は8月31日(土)、野外コンサートは8月28日(水)
応募方法:Webサイトより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)