スタディ・タウン中学生、東大カリスマ数学講師の映像授業を配信開始

 シンドバッド・インターナショナルは8月27日、会員制eラーニングサービス「スタディ・タウン 中学生」において、東大カリスマ数学講師と呼ばれる浜田一志氏の映像授業の配信を開始した。

教育ICT 学校・塾・予備校
浜田一志の日本一分かりやすい数学授業
  • 浜田一志の日本一分かりやすい数学授業
  • 浜田一志の日本一分かりやすい数学授業
  • スタディ・タウン中学生
  • スタディ・タウン
 シンドバッド・インターナショナルは8月27日、会員制eラーニングサービス「スタディ・タウン 中学生」において、東大カリスマ数学講師と呼ばれる浜田一志氏の映像授業の配信を開始した。

 浜田一志氏は東京大学、同大学院卒。現在は東京大学野球部監督と、学習塾「Ai教研」塾長という二足のわらじを履く数学講師。「部活しながら東大に受かる勉強法」などの著者でも知られているという。

 今回は、「浜田一志の日本一分かりやすい数学授業「誰でも80点とれる!スーパー定期テスト対策」」として映像授業の配信を開始。内容は公立中学の数学の定期テスト対策で、「数学が苦手」または「平均点以下」の中学生でも理解できるように設定され、最小限の学習量で定期テスト80点以上取れるカリキュラムになっているという。

 映像授業は1学年120コマを用意(1コマ10~15分収録)、テキスト(演習問題1学年360回分)も無料で用意されている。利用料金は1学年講座(中1、中2、中3)月額3,980円(1学年120講座を見放題)、3学年セット講座が月額4,980円(3学年360講座を見放題)となっている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)