オンラインでサッカーのスキルアップ、クーバーが自主練向けサービスを開始

デジタル生活 パソコン

Coerver e-コーチ HOME ASSIGNMENT
  • Coerver e-コーチ HOME ASSIGNMENT
  • 動画画面
  • サービスの特長
 国内115か所でサッカースクールを展開するクーバー・コーチング・ジャパンは、NTTラーニングシステムズと共同でサッカーの自主練習をサポートするサービスを開始した。ICTを活用し、子どものサッカーのスキルアップを図るという。

 クーバー・コーチング・ジャパンは、幼児から中学生までを対象としたサッカー教室。テクニックに特化した指導法が特長で、約2万人の子どもたちがプロのコーチ陣のもとで学んでいるという。

 今回NTTラーニングシステムズとともに発表した自主練習サポートサービス「Coerver e-コーチ HOME ASSIGNMENT」は、スマートフォンやタブレット端末でトレーニングメニューや動画を確認することができるサービス。動画を参考に子どもが自主練習できるほか、練習結果・成果を動画で撮影し、投稿することで、コーチからアドバイスを受けることもできる。

 発表時は、関東を中心としたクーバー・コーチング・ジャパンのサッカースクール9校(松戸八ヶ崎校、新座校、足立加平校、王子校、KIX FOR KIDS、ルミネ立川校、ジョイナス校、横浜ゆめが丘校、広島南校)を対象に試験運用しており、今後全国のスクールに拡大していく予定だという。

 なお、同サービスは、スクール生だけでなく、入会待ちの子どもや入会する前にカリキュラムを体験したい子どもなど、スクール生以外にも提供している。サービスは、パソコン、iOS・Androidのスマートフォンとタブレットに対応、月額525円で利用可能だ。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)