埼玉大学で科学実験、高校生対象のサイエンススクールを9/28に開催

教育・受験 学習

応用化学科コース
  • 応用化学科コース
  • ナノ磁石の電子顕微鏡写真
  • 水生昆虫のサンプリング
 埼玉大学工学部は、科学に興味を持つ高校生を対象としたサイエンススクールを9月28日に開催する。「応用化学科」「機能材料工学科」「環境共生学科」の3コースが用意されており、それぞれ実験などのワークショップが行われる。

 応用化学科コースでは、「七色に変化する液晶で温度計をつくろう!」「溶液中の金属イオンをわけよう!」の両テーマに関する実験を実施。機能材料工学科コースでは「機能材料を体験しよう ~ナノ磁石でデジタルデーターをのぞいてみよう~」を、環境共生学科コースでは「川虫の種を分類する ~形態的手法と遺伝的手法~」をそれぞれ受講することができる。

 募集人数は、応用化学科コース20名、機能材料工学科コース20名、環境共生学科コース10名の計50名。申込みは、往復はがきまたは埼玉大学工学部ホームページの申込みフォームにて受け付けている。

◆埼玉大学工学部・サイエンススクール
開催日:9月28日(土)
時間:
・応用化学科 9:00~17:30
・機能材料工学科 9:30~16:00
・環境共生学科 9:45~16:45
会場:埼玉大学工学部
対象:埼玉県内および近都県公私立高等学校の生徒
応募人数:
・応用化学科 20名
・機能材料工学科 20名
・環境共生学科 10名
参加費:無料
締切:9月26日(木)
応募方法:ホームページまたは往復はがき
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)