【YouTubeえいご 2】アメリカ人マットと学ぶ「Dream English Kids Songs」

 YouTubeで人気の子ども向け英語チャンネルを紹介する「YouTubeえいご」の第2回は「Dream English Kids Songs」。アメリカ人の「マット」が登場するこのチャンネルでは、子ども向けの英語の歌や表現を多数お届けしている。

教育・受験 学習
ABC Song for Kids
  • ABC Song for Kids
  • Action Songs-Get Moving!
  • Pumpkin Halloween Dance Song for Kids
  • Jingle Bells For Kids-Easy Version
  • Dream English Kids Songsトップページ
 YouTubeで人気の子ども向け英語チャンネルを紹介する「YouTubeえいご」の第2回は「Dream English Kids Songs」。アメリカ人の「マット」が登場するこのチャンネルでは、子ども向けの英語の歌や表現を多数お届けしている。

 「Dream English Kids Songs」は、世界80か国以上の人々に親しまれており、香港では教育委員会が正式な学習指導の教材として認定している。また、栃木県那須塩原市では、市立小学校全校の英語の授業教材として選ばれているという。10月5日現在、チャンネルには168本の動画が掲載されており、動画再生数は7,688万件にのぼる。

 このチャンネルの一番人気は、「ABC Song for Kids: Easy and Fun Version」。おなじみのABCソングをアニメーションを見ながら覚えられる。オススメは、アメリカ人の「マット」と体を動かしながら英語表現が学べる「Action Songs-Get Moving!」。英単語がわからなくてもマットの身振りで、どんな時に使う表現なのかがわかる。

 また、英語の正しい読み方を習得する方法の1つである「Phonics(フォニックス)」の動画や、数、色、天気、身体の部分、動物の英語表現が身につけられる動画など、どれも1分程度の短いもので気軽に見られる。

 ハロウィンの時期にぴったりな「Pumpkin Halloween Dance Song for Kids」やクリスマスの時期にぴったりな「Jingle Bells For Kids-Easy Version」を聞いて英語の歌をマスターすれば、パーティーなどで盛り上がりそうだ。

 なお、「Dream English Kids Songs」のウェブサイトでは、CD(有料)やiPad/iPhoneアプリ(有料)、MP3(無料)も提供している。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)