イタリア産ブルーベリージャムから基準を超える放射性セシウム検出、東京都

 東京都福祉保健局は10月18日、イタリア産ブルーベリージャム「フィオールディフルッタ オーガニック フルーツスプレッド ブルーベリー」から基準値を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。現在、当該品の販売中止と回収を指示している。

生活・健康
基準を超える放射性セシウムを検出したブルーベリージャムについて
  • 基準を超える放射性セシウムを検出したブルーベリージャムについて
  • 商品の写真
 東京都福祉保健局は10月18日、イタリア産ブルーベリージャムから基準値を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。現在、当該品の販売中止と回収を指示している。

 該当商品は、イタリア産瓶詰めブルーベリージャム「フィオールディフルッタ オーガニック フルーツスプレッド ブルーベリー」の「有機フルーツスプレッド」(250グラム)で、賞味期限が2015年10月17日のもの。民間検査機関が墨田区内で販売されていた同商品を検査したところ、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムが検出されたため、墨田区が検査を実施した。

 その結果、食品衛生法の基準値である100ベクレル/キログラムに対して、セシウム134とセシウム137の合計が140ベクレル/キログラムと、基準値を超えていることが明らかになった。これは食品衛生法第11条第2項違反となる。

 墨田区は10月15日、販売店に対して同商品の販売中止を指導、渋谷区は10月18日、輸入者(MIE PROJECT株式会社、東京都渋谷区松涛1-5-1)に対して同商品5,184個の回収を指示している。また、同商品の流通状況についても現在調査している。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)