大学食堂で「100円朝食」を提供し、学生に好評

教育・受験 学校・塾・予備校

立命館大学びわこ・くさつキャンパス
  • 立命館大学びわこ・くさつキャンパス
  • 立命館大学の100円朝定食
  • いわき明星大学の「ワンコイン(100円)朝食」
  • 慶應義塾大学日吉キャンパスの朝食サービス
 立命館大学は10月21日から、びわこ・くさつキャンパス(BKC)で「100円朝定食」の提供をはじめ、ふだんの2倍近い学生が利用した。既に、「100円」で朝食を提供する大学もあり、朝食を摂る大切さを啓発し学生の健康管理に一役買っているようだ。

 同大学は約半数の学生が一人暮らしをしており、2012年度の学生の健康診断問診票で「朝食を摂りますか」の問いに、回答者28,340人のうち「いいえ」が9.3%、「時々」が31.5%と約4割の学生が毎朝、朝食を摂っていないと回答している。朝食を摂らないことで生活のリズムや体調を崩すことが心配なことから、BKCのユニオンカフェテリアにおいて父母教育後援会(学生の保護者が加盟する組織)の支援を受けて「100円朝定食」を始めた。

  「100円朝定食」は同大学生・大学院生が対象で、朝8時15分から8時40分に清算を済ませた人が対象。定食の内容はご飯Sサイズ、日によって異なるがコロッケや豆腐、ひじきなどのおかず3品と味噌汁がつく。導入初日はふだんの朝の2倍近い175人の学生が利用したという。今回は試験的に実施し、11月1日まで提供する。2014年4月には両キャンパスでの全面導入を予定している。

 福島県のいわき明星大学では毎年4月と9月に2か月間、「ワンコイン(100円)朝食」を提供している。長期休暇明けの学生生活をしっかりスタートさせることを目的に5年前から実施している。同大学生対象で、メニューは和定食、うどん・そば+カレーセットの2種類から選べる。土曜・日曜と休講日をのぞく毎朝8時から10時まで。1日限定70食で、今年は11月29日まで。

 慶應義塾大学日吉キャンパスでは2006年から、学生に予防給付の一環として同大塾生を対象に年2回、100円の朝食サービスを実施している。1食分500円相当の朝食を100円で提供し、不足分を学生健康保険互助組合が補てんしている。2012年度の6月に実施した5日間では約1,000食の利用があった。今年も年内に実施予定。同大では「100円朝食」を機に「朝食を摂る学生が一人でも増えることを期待」しているという。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)