上智大×ベネッセ、中高での英語の指導と学びを考えるシンポジウム12/1

教育・受験 学校・塾・予備校

これからの中学校・高校での英語の指導と学びを考える
  • これからの中学校・高校での英語の指導と学びを考える
  • ベネッセが運営する英語教育研究会 アークル
 上智大学とベネッセ教育総合研究所は、英語教育シンポジウム「これからの中学校・高校での英語の指導と学びを考える」を12月1日、上智大学・四谷キャンパスで開催する。参加は無料、事前申込み不要。

 午前中のプログラムでは、全国47都道府県の公立高校入試問題を分析、そこから考えるテストデザインと中学校3年間の指導について紹介する。午後は、中高生から聞き取りを行った情報を手がかりに、英語学習に関する指導と学びについて考える。

 そのほか、これからの中学校・高校での英語指導と学びを考えるパネルディスカッションや参加者との意見交換などが予定されている。

◆これからの中学校・高校での英語の指導と学びを考える
日時:12月1日(日)10:30~17:00
場所:上智大学・四谷キャンパス 中央図書館9階
定員:300名程度(先着順)
※メイン会場(150名強)が満席になった場合は、サブ会場(メイン会場の音声と発表資料の投影のみの予定)への案内となる
参加費:無料
申込み:事前申し込み不要
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)