【中学受験2014】長野県立中学入試、県教委が正答例を公開

教育・受験 受験

検査問題正答・正答例および評価基準
  • 検査問題正答・正答例および評価基準
  • 適性検査Iの正答例
  • 適性検査IIの正答例
 長野県教育委員会は12月7日、この日行われた県立中学校入学者選抜適性検査の正答・正答例と評価基準を公開した。

 県教委のホームページでは、適性検査I、IIの問題と正答・正答例および評価基準、問題の作成方針を掲載している。

 なお、適性検査Iでは社会や人に対する関わりをみるため、文章や資料の読み取り、文章で表現する力をみる内容。適性検査IIでは自然や数理に対する関わりをみるため、筋道を立てて考える力、数理的に処理する力をみる内容となっている。 

 県教育委員会が11月14日の志願受付期間終了時にまとめた志願状況によると、屋代高等学校附属中学校は、定員80人に対し、志願者数が408人、志願倍率は5.1倍。諏訪清陵高等学校附属中学校は、定員80人に対し、志願者数が427人、志願倍率は5.34倍となった。

 合格発表は、12月16日(月)を予定している。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)