【中学受験2014】宮城県立中学校の出願者数・倍率を発表

 宮城県教育委員会は12月6日、宮城県立中学校入学者選抜出願者数と倍率を発表した。出願倍率は、宮城県仙台二華中で5.1倍、宮城県古川黎明中で2.42倍となった。

教育・受験 受験
平成26年度宮城県立中学校入学選抜のページ
  • 平成26年度宮城県立中学校入学選抜のページ
  • 平成26年度宮城県立中学校入学者選抜の出願者数について
 宮城県教育委員会は12月6日、宮城県立中学校入学者選抜出願者数と倍率を発表した。出願倍率は、宮城県仙台二華中で5.1倍、宮城県古川黎明中で2.42倍となった。

 同県立中学校は、12月6日(金)に入学者選抜の出願受付を締め切った。各中学校への出願者数は、宮城県仙台二華中で男子240人、女子295人の合計535人、宮城県古川黎明中で男子109人、女子145人の合計254人となった。募集定員は両校とも105人。

 なお、前年度の志願者数は宮城県仙台二華中は666人(男子303人、女子363人)で倍率が6.34倍、宮城県古川黎明は273人(男子108人、女子165人)で倍率が2.6倍だった。

 入試日程は、適性検査(総合問題、作文、面接)が2014年1月11日(土)で、結果発表が1月17日(金)郵送となっている。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)