【センター試験2014】本番まで1か月、受験上の注意を公開

 大学入試センターは12月11日、2014年度大学入試センター試験について、受験上の注意および受験案内をホームページに掲載した。受験票の写真や受験科目、当日の遅刻、不正行為についてなど幅広く記載されている。

教育・受験 受験

センター試験、受験上の注意
  • センター試験、受験上の注意
  • センター試験、受験上の注意
  • センター試験、受験上の注意
  • センター試験、受験上の注意
 大学入試センターは12月11日、2014年度大学入試センター試験について、受験上の注意および受験案内をホームページに掲載した。受験票の写真や受験科目に関する注意や、当日の遅刻、不正行為についてなど幅広く記載されている。

 試験実施期日は、2014年1月18日(土)、1月19日(日)。追試験の実施日は、2013年1月25日(土)、1月26日(日)となっている。追試験の受験申請は、受験票に記載されている「問い合わせ大学」に電話連絡する必要がある。

 受験教科・科目は、受験票に表示されているため、出願時の登録内容と受験票の表示内容に誤りがないかを確認する必要がある。試験当日は、出願時に登録し、受験票に記載された受験科目以外を受験することはできないという。

 たとえば、受験票に「登録科目数2」と記載されている場合、試験当日に1科目のみの受験に変更することはできない。また「地理歴史、公民」および「理科」で「2科目受験する」と登録した場合、各志望大学の募集要項で、第1解答科目と第2解答科目の取り扱いについて確認のうえ、回答順を決定する必要がある。

 試験開始時刻に遅刻した場合は、試験開始時刻後20分以内の遅刻に限り受験が認められている。ただし、リスニングは試験開始時刻(17時10分)までに入室していない場合は、受験することができない。また、「地理歴史、公民」および「理科」で「2科目受験する」と登録した場合、9時50分までに入室しないと、その試験時間は一切受験することはできない。

 さらに、試験時間中に眼鏡をかける受験生は、眼鏡をかけて受験票に貼る写真を撮影することや、試験時間中の注意事項や不正行為、解答上の注意事項などについて記載されている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)