筑波大附属小でICT活用セミナー、公開授業・授業協議会・教材研究講座など

 筑波大学附属小学校 国語授業活用ICT研究会は12月23日、教育関係者を対象とした「第2回 国語授業ICT活用研究 全国大会」を同校にて開催する。ICTを活用した国語の公開授業、授業協議会、教材研究講座、講演などが行われる。

教育ICT 学校・塾・予備校
第2回 国語授業ICT活用研究 全国大会
  • 第2回 国語授業ICT活用研究 全国大会
  • 筑波大学附属小学校
 筑波大学附属小学校 国語授業活用ICT研究会は12月23日、教育関係者を対象とした「第2回 国語授業ICT活用研究 全国大会」を同校にて開催する。ICTを活用した国語の公開授業、授業協議会、教材研究講座、講演などが行われる。

 年々、便利なICT機器が開発されて、ますますその効果的な活用が求められている。しかし、便利なICT機器があるのに、ほとんど使わなかったり、「ICT機器ありき」になってしまって、国語授業のねらいが達成できていない状況も少なくないという。

 国語授業活用ICT研究会では、まずは「授業で国語の力をつけること」を大切に、その上で、手段としての「ICT活用」の日常的で効果的な活用を考えている。

 当日は同研究会代表の白石範孝先生による提案授業「1年国語」、授業協議会「提案授業におけるICT活用を検討する」を開催。また、協賛各社によるポスター発表「ICT機器の活用ガイド」、教材研究講座「ICTを活用をした国語授業のつくり方」なども行い、ソフト・ハードの両面から国語授業における「ICT」の効果的な活用を考えていく。

 参加費は3,000円。当日申込みも受け付けるが、資料が不足するケースもあるため、事前申し込みを推奨。定員は先着300名で、申込みはホームページにて受け付けている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)