【大学受験2014】志願者数は前年比2万人減の66万人…河合塾推定

 河合塾は12月18日、2014年度入試直前動向の第1弾として全体概況を発表した。大学志願者数は前年比約2万人減少の66万人になる見込みという。

教育・受験 受験
18歳人口と大学志願者数の推移
  • 18歳人口と大学志願者数の推移
  • 第3回全統マーク模試における文理別の受験者数の推移
 河合塾は12月18日、2014年度入試直前動向の第1弾として全体概況を発表した。大学志願者数は前年比約2万人減少の66万人になる見込みという。

 2000年に150万人を超えていた18歳人口は、その後減少が続いていたが、2013年は前年比4万人増の123万人となった。しかし、2014年は一転して5万人減少の118万人となり、大学志願者数は前年比約2万人減少の66万人になると河合塾では推定している。

 第3回全統マーク模試における文理別の受験者数の推移をみると、理系は右肩上がりで、今年も前年比約2千人増の13.9万人となった。一方、文系は横ばいの状態で、今年は前年比約5千人減の14.9万人となった。

 このほか、「入試科目の変更」「受験料割引制度・複数学科併願制度」「新増設大学の動き」が、2014年度入試動向に影響を与えそうだという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)