花粉症と思われる子ども、約8割が10歳以下で発症…ロート製薬調査

生活・健康 健康

お子様は花粉症だと思いますか
  • お子様は花粉症だと思いますか
  • 何歳で花粉症を発症しましたか
  • [1歳までの皮膚湿疹の状況別]現在のアレルギー症状
 ロート製薬は、0~16歳の子どもをもつ父母を対象に、子どもの花粉症に関する調査を実施。花粉症であると親が実感している子どもは28.8%で、10歳以下での発症が8割近くになることがわかった。

 同調査は2013年11月から12月にかけて、花粉症対策への啓発を目的に実施された。回答した父母2,082人およびその子ども3,475人の症状や実態などについて、集計・分析を行い、小児アレルギー専門医の見解とあわせて報告している。

 花粉症であると親が実感している子どもは28.8%で、昨年行った同様のアンケートより3.1ポイント増加となった。発症年齢を聞いたところ、「5歳」との回答がもっとも多く、0歳から5歳までの合計が41.8%、10歳までをあわせると78.6%にのぼる。

 1歳までに「皮膚の湿疹が2か月以上続いたことがある人」に対して花粉症の発症を聞くと、43.5%という結果になった。これは「1~2か月湿疹が続いたことがある(29.5%)」「ほとんどなかった(26.3%)」の発症率と比べると、高い数値であり、なんらかの相関関係があると考えられるという。また、通年性アレルギー性鼻炎では34.0%、アトピー性皮膚炎では34.9%の割合だった。

 大阪府済生会中津病院の末廣医師は、「小児の花粉症の症状では、鼻水やくしゃみが連続で出るというというより、ぼーっとしているなど他人からはわかりづらいという特徴があるため、母親が注意することも大切」と述べている。

 また、同社からの花粉対策アドバイスとして、「花粉飛散情報のチェック」「屋外では花粉との接触を避ける(マスク着用など)」「屋内に花粉を入れない」「目に症状が出た場合は、かいて症状が悪化しないように目薬の使用を」「子どもからのサインを見逃さないこと」を5か条としてあげている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)