代々木進学会、完全オーダーメイド指導プランと個別相談で中学受験をフルサポート

教育・受験 学校・塾・予備校

代々木進学会 教務部マネージャーの成澤公彦氏
  • 代々木進学会 教務部マネージャーの成澤公彦氏
  • 面談の様子
  • 面談の様子
  • 代々木進学会、Webサイト
 「受験のホームドクター」として中学受験層を対象に26年間家庭教師提供サービスを展開してきた代々木進学会は、2013年より高校受験生・大学受験生にもサービスを広げた。首都圏の入試を間近に控え、中学受験や代々木進学会の特徴などについて、代々木進学会 教務部マネージャーの成澤公彦氏に聞いた。

 --家庭教師提供サービスの特徴を教えてください。

 代々木進学会が展開する家庭教師提供サービスは、生徒の学びに悩みを抱える保護者に対して、処方箋を出すようなものです。生徒一人ひとりに対し相応しい人材や教材選び、カリキュラムの作成、保護者の悩みに対するヒヤリング、併願校選定の相談など、受験という1つのプロセスに伴うすべての過程において、生徒と家庭をサポートします。

--個別指導を行う塾も増えていますが、家庭教師提供サービスとの違いを教えてください。

 塾における一般的な個別指導で提供されるのは、「個別」とは言われながらも各塾が持つ既存の学習プロセスの中に生徒のニーズを当てはめていく手法が主流です。各塾には、それぞれの特徴があり、生徒は塾色に染まる必要性があるのです。

 個別指導に比べ、代々木進学会の家庭教師提供サービスは完全オーダーメイドです。中学受験を目指す生徒とその保護者が求める教育や悩みについて時間をかけてヒヤリングし、その生徒にもっとも適した講師選びを行い、講師とコミュニケーションをとりながら、カリキュラムの作成、教材の選定などを行っていきます。

 講師選びひとつをとっても、代々木進学会では専門部署を設け、講師の特長や実績と受験生のニーズをマッチングするよう務めます。個別指導塾がオプションの多い建売住宅だとしたら、家庭教師サービスは注文住宅というところでしょうか。

--家庭教師提供サービスを利用する生徒はどのような方が多いのでしょうか。

 代々木進学会利用者は、大きく分けて2通りに分けることができます。まず、既に塾に通われており、伸ばしたい科目などが明確になっている生徒が塾と併用して利用されることがあります。塾で成績が伸び悩んでいる科目のてこ入れなど、塾に通いながら家庭教師サービスでサポートするという方法です。

 もうひとつは、塾には通わず家庭教師のみで受験に備える生徒。その中でも多く見受けられるのが、塾における集団の中でスピードに着いていけず、定着率が低くなり、集団授業の中で成績が頭打ちになってしまった生徒たちです。家庭教師は、生徒とじっくり向き合うことに、一人ひとりに適した方法で、能力を最大限に伸ばすことが出来るのです。

--保護者の方々のサポートは、どのように行っているのでしょうか。

 まず、春の入試分析会に始まる保護者の受験セミナーを年4回実施しています。入試に向けた天王山と言われる夏休み対策や、秋には模試結果の分析と指導プラン修正など、開催時期に合わせた情報を保護者の方々に提供しています。

 また、保護者の方々に個別で対応する場合もございます。昨年は、約180名の受験生が代々木進学会を利用されていましたが、そのうちほとんど全ての生徒の保護者から個別面談のご要望をいただきました。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)