スマホ保有率、10代後半は約9割

デジタル生活 モバイル

スマートフォン保有率
  • スマートフォン保有率
  • スマートフォン保有率(性別・年代別)
  • スマートフォンでのネットショッピングサービス利用経験
  • スマートフォンでのネットショッピングサービスの利用頻度
 博報堂DYホールディングスは1月20日、「全国スマートフォンユーザー1,000人定期調査」第8回分析結果を発表した。スマートフォン保有率は、10代後半が87.3%、20代が82.0%で、いずれも8割を超えることが明らかになった。

 同調査は、高校生~69歳男女のスマートフォンユーザー1,000名を対象にインターネット調査を実施。調査時期は2013年11月29日~12月1日。同社のグループ横断型組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」は、日本のスマートフォンの普及状況を浮き彫りにするため、2012年より定期的に調査を実施しており、今回で8回目となる。

 スマートフォンの保有率は55.2%となり、前回(2013年8月)から7ポイントアップした。性別にみると、「男性」50.1%、「女性」58.9%。年代別にみると、「15~19歳」87.3%、「20~29歳」82.0%、「30~39歳」64.0%、「40~49歳」50.1%、「50~59歳」39.7%、「60歳以上」20.3%で、10代後半と20代は8割を超える。

 スマートフォンユーザーを対象に、スマートフォンでのネットショッピングサービス(デジタルダウンロードコンテンツを除く)の利用経験を尋ねたところ、全体の65.2%が「利用したことがある」と回答。特に10代後半が80.3%と高い傾向がみられた。

 また、年代が若いほど利用頻度が高く、10代後半においては、「ほぼ毎日」36.6%、「週に1日以上」2.8%と、約4割が週1日以上利用している。スマートフォンでのネットショッピングサービスの利用理由として、「思い立った時すぐ利用できる」「外出先で手軽に利用できる」「時間を気にせず利用できる」「自分のペースで買い物できる」などが多くあげられた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)