新卒者の就職支援、民間サイトでPR…厚労省

生活・健康 その他

厚生労働省による新卒者の就職支援
  • 厚生労働省による新卒者の就職支援
  • 厚生労働省の取組み
  • 厚生労働省が掲載する就職支援情報
  • 民間サイトへの掲載例(就活ラボ2014)
 厚生労働省は1月21日、新規学卒予定者等に対する就職支援の一環として、学生を対象にした民間の就職情報サイトに就職支援情報を広報すると発表した。

 対象となるのは、「就活ラボ2014」「[en]学生の就職情報2014」「学情ナビ2014」「就職ウォーカー2014」「就活ナビ2014」「日経就職ナビ2014」 「ブンナビ!2014」「マイナビ2014」「リクナビ2014」の9サイト。各サイトを運営する民間企業に無償で協力してもらい、「新卒応援ハローワーク」など、平成26年3月卒業予定の新卒者等に対する厚労省の取組みなどをPRする。

 厚労省では、新卒者・既卒者の就職活動を支援するため、全都道府県に57か所の「新卒応援ハローワーク」を設置。平成25年度は、11月末までに約46万人が利用し、このうち約6万人の就職が決定している。各サイトで広報する就職支援情報では、新卒応援ハローワークの所在地や連絡先、全国の求人情報、新卒者雇用などに対する厚労省の対策などを紹介している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)