東大教授チームとの共同開発「三日坊主ダイアリー」2/17より発売

教育・受験 その他

三日坊主ダイアリー
  • 三日坊主ダイアリー
  • 現役東大生の中学時代のスケジュール
  • 目標・スケジュール・振り返りなどを三日単位で記入
  • 「職業コラム」
  • 職業人の三日間を追体験できるスケジュール
  • 自分力開発研究所
 スクールIEなどを展開するやる気スイッチグループの研究機関「自分力開発研究所」は、現役東大生や教授チームと共同開発した「志望校合格のための三日坊主ダイアリー3days diary 2014年度版」を全国のTSUTAYA BOOKSにて先行発売する。

 「三日坊主ダイアリー」は、東京大学大学院教育学研究科の牧野篤教授や、現役東大生とのコラボ企画により開発された、3日単位の子ども向けダイアリー。合格体質を形成するには生活リズムの習慣化と目標の明確化が重要である、という考えのもと、それらを実現する工夫が凝縮されているという。

 ダイアリーは、3日坊主の長所である好奇心や集中力を活かすよう、目標やスケジュールを3日単位で記入。仮に途中でやめても再開しやすいよう、目標や気分の変化に柔軟に対応できる構成となっている。

 また、現役東大生の中学時代のスケジュールや学生へのアドバイス、さまざまな職業の仕事内容を紹介したコラムなどを掲載し、将来の夢や職業を考えるきっかけとなる要素も盛り込まれている。ほかにも、3日間頑張ったら角を切り取るというユニークな仕掛けなどで好奇心を刺激し、一度始めると客観的に自分を見つめ、「もう三日、もう三日」と続けたくなる仕組みになっているという。

◆志望校合格のための三日坊主ダイアリー 3days diary 2014年度
監修者:東京大学大学院教育学研究科 牧野篤教授
発行:ネコ・パブリッシング
発売日:2月17日
仕様:A5判 272ページ
定価:1,029円
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)