明治・同志社大学院など5校で学科・研究科設置

教育・受験 学校・塾・予備校

短期大学の学科設置
  • 短期大学の学科設置
  • 大学院の研究科設置
  • 大学院の研究科の専攻の設置又は課程の変更
 文部科学省は2月17日、平成26(2014)年度開設予定の私立短期大学の学科および大学院の研究科・専攻の設置および課程の変更届出について発表した。設置届出を受理した大学(2013年12月分)は、名古屋経営短期大学や明治大学大学院など5校。

 短期大学の学科設置は、名古屋経営短期大学 未来キャリア学科(定員100名)の1校。総合ビジネス学科(定員135名)は廃止する。

 大学院の研究科設置は、明治大学大学院 グローバル・ガバナンス研究科グローバル・ガバナンス専攻(定員5名)の1校。

 大学院の研究科の専攻設置は、帝京大学大学院 公衆衛生学研究科公衆衛生学専攻(定員6名)と同志社大学大学院 ビジネス研究科グローバル経営研究専攻(定員45名)、九州看護福祉大学大学院 看護福祉学研究科健康支援科学専攻(定員8名)の3校。九州看護福祉大学大学院は健康支援科学専攻の設置にともない、看護学専攻および精神保健学専攻の定員を各4名削減する。

 なお、大学の学部・学科の設置は、学位の種類や分野を変更しないなどの一定の要件に該当すれば、あらかじめ文部科学大臣に届け出ることにより、認可を要せずに設置することができる。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)