豪雪から1週間、山梨と長野で100校以上が休校

生活・健康 その他

山梨県の公立小中学校と県立学校の措置
  • 山梨県の公立小中学校と県立学校の措置
  • 長野県内の学校の状況
  • 群馬県の状況
 このたびの記録的な豪雪の影響で、山梨県や長野県の学校では、2月20日現在も臨時休校が続いている。山梨県では公立95校、長野県では公立8校と私立3校が休校したという。

 山梨県教育委員会によると、公立小中学校と県立学校(計320校)は、2月20日(木)に95校が臨時休校、169校が始業を遅らせ、21校が下校を早め、53校が平常授業を行った。2月21日(金)は88校が臨時休校、165校が始業を遅らせ、7校が下校を早め、66校が平常授業を予定している。

 長野県によると、2月20日(木)に11校(公立8校と私立3校)が休校し、62校(公立59校と私立3校)が授業短縮を行った。県のホームページでは、住居被害や交通状況を伝えている。

 また、群馬県では、孤立集落の状況や鉄道・バスの運行状況、通行規制に関する情報などを県のホームページに掲載している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)