東大志願者ほど動画をよく活用…ニコニコアンケート

教育・受験 学習

志望大学ごとのニコニコ使用頻度
  • 志望大学ごとのニコニコ使用頻度
  • 志望大学ごとのニコニコ勉強活用度
 東大志願者は、動画の利用頻度が高く、勉強にもよく活用していることが、動画サービス「niconico」を運営するドワンゴとニワンゴによる「大学受験に関するアンケート」の結果から明らかになった。

 調査は、niconicoで動画を視聴しているユーザーを対象にした「ニコ割アンケート」を利用して実施。2月7日12時から9日12時までの間に75万278人から回答を得た。

 志望大学ごとのニコニコ利用頻度をみると、東大志願者の6割が「週5日以上」と回答。志望大学ごとの「ニコニコの勉強活用度」でも、東大志願者の3割が「よく活用している」と回答。ほかの大学志願者に比べ、東大志願者はニコニコの利用頻度が高く、勉強にもよく活用している実態にあった。

 このほか、在学大学や卒業大学ごとの「ニコニコの勉強活用度」では、「海外の大学」が高い傾向にあった。

 回答者のうち、現役受験生(高校3年生)の大学志願率は66.9%。文部科学省などが発表する大学志願率より高かった。さらに東大・京大の志願率も5.97%と高く、両大学発表データをもとに算出した実社会の東大・京大志願率と比較すると、約2.5倍にあたるという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)