【大学受験2014】大雪の影響を受けた受験生へ24大学が対応…慶大も追試

教育・受験 受験

文部科学省の発表
  • 文部科学省の発表
  • 慶應義塾大学の特別措置
  • 明治大学の特別措置
 文部科学省のホームページでは、豪雪被害に伴う各大学の配慮状況を掲載している。2月24日16時現在、慶應義塾大学法学部で追試験を実施するなど、24大学で追試験や試験日程の振替えを行うことが明らかになった。

 同省は、このたびの記録的な大雪で影響を受けた受験生へ配慮するよう、2月17日に各国公私立大学へ依頼した。その結果、2月15日(土)~18日(火)に入試を実施したうち、再試験または試験日程の振り替えなどを行う大学(関東甲信越)は、2月24日14時30分現在、24大学にのぼる。

 慶應義塾大学は、2月16日(日)日吉キャンパスにて実施した法学部の入試について、豪雪による交通途絶で受験できなかった受験生に配慮し、追試験を実施。試験科目や試験日程などの詳細については、近日公開する。なお、2月15日(土)日吉キャンパスにて実施した文学部の入試は、追試験を実施しない。

 また、十文字学園女子大学や人間総合科学大学、秀明大学、千葉工業大学、和洋女子大学、帝京科学大学、帝京平成大学、武蔵野大学、武蔵野音楽大学、産業能率大学などでは、別の試験日程への振替え(個別対応)を行う。また、明治大学は検定料の返還を行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)