ソニー、教育現場向け液晶プロジェクター5機種を発売…高輝度モデルなど

 ソニーは、スクリーンの近くに設置できるプロジェクターとして、高輝度化と短焦点化を実現した直接投写型の短焦点シリーズ2機種と、本体のコンパクト化を実現したミラー反射型の超短焦点シリーズ3機種を発売する。

教育ICT 学校・塾・予備校
ソニー・SW235
  • ソニー・SW235
  • ソニー・SW630C
  • 活用イメージ
  • 活用イメージ
 ソニーは、スクリーンの近くに設置できるプロジェクターとして、高輝度化と短焦点化を実現した直接投写型の短焦点シリーズ2機種と、本体のコンパクト化を実現したミラー反射型の超短焦点シリーズ3機種を発売する。

 直接投写型の短焦点プロジェクター「VPL- SX235」は、約75cmの距離から80型スクリーンに投写が可能。教卓の上に設置し、黒板へ投写するなどの環境に適している。さらに、3200ルーメンの高輝度を実現し、照明を落とす必要なく、明るい教室でもよりはっきりと投写画像を見ることができる。

 ミラー反射型の超短焦点プロジェクター 「VPL-SW630C」「VPL-SW630」「VPL-SX630」は、80型のスクリーンに約16cmの距離で投写が可能。スクリーンのほぼ真上から投写できるため、投写面のすぐ近くに発表者が立っても影ができにくく、発表者自身も眩しくないという。また、本体を従来比で約10%コンパクト化。壁掛け設置時の圧迫感を低減するようだ、。

 付属のペンで投影画面に書込みができる「インタラクティブ機能」を搭載した「VPL-SW630C」は、赤外線通信技術の向上とペンの形状改良により、ペンで入力した際の反映が早いなど、従来モデルよりさらにスムーズな書き心地を実現する。

 市場予想価格はミラー反射型のVPL-SW630Cが24万円前後、VPL-SW630が20万円前後、VPL-SX630が19万円前後で、7月発売予定。直接投写型のVPL-SW235およびVPL-SX235はともに11万円前後で4月下旬の発売予定となっている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)