NEC、教育向けWindowsタブレット2機種を6月発売

 NECは4月17日、OSに「Windows 8.1 Pro Update」を搭載した10.1型タブレット「VersaPro タイプVT」、および大画面12.5型タブレット「VersaPro タイプVZ」の2機種を発売した。6月より順次出荷する。価格は、117,500円(税別)から。

教育ICT パソコン
VersaPro タイプVT
  • VersaPro タイプVT
  • デジタイザーペン
  • 4つのスタイル
 NECは4月17日、OSに「Windows 8.1 Pro Update」を搭載した10.1型タブレット「VersaPro タイプVT」、および大画面12.5型タブレット「VersaPro タイプVZ」の2機種を発売した。6月より順次出荷する。価格は、117,500円(税別)から。

 この機種は教育市場で「生徒1人1台の情報端末」としてタブレット端末の導入が進んでいる現状に適したモデルとなっている。大きな特徴として学習用端末として子どもが使いやすい工夫が随所になされている。

 1点目は、ランドセルにも入る大きさ、そして軽さ。タブレットPCとして十分な性能を持ちながら、本体質量約598グラム、薄さ8.95mmと、とてもコンパクト。かばんやランドセルに入れての持ち運びでき、子どもでも扱いやすいコンパクトさと軽さを実現している(タイプVT最軽量構成時)。

 2点目は、「自然な書き心地を追求した専用ペン」。付属のデジタイザーペンは握りやすさと書きやすさを考慮し、一般的なペンに近い長さ14cm、直径7.4mmの形状となっている。1024段階の感圧センサにより筆圧に応じて、文字のとめ、はらいも認識。紙に書くようななめらかさで自然な手書き入力が可能になっている。また、オプションで選択可能なキーボードには、ワンタッチ出し入れが可能なデジタイザペンの収納スペースがあり。紛失の心配なく、安心して持ち歩けるようになっている。

 3点目は、頑丈なディスプレイで安心操作。ペンでの手書き入力に不慣れな場合、必要以上に筆圧がかかるもの。また、万が一の落下の際の衝撃や摩擦による擦り傷などを考慮し、一般的な液晶保護に使用されるソーダライムガラス以上の強度を持つ耐久性に優れた「ゴリラガラス」を採用している。指紋による汚れを防止するAFコーティング加工もされているので、長く安心して使用できる。

 そのほか、キーボードでの入力が効率的なシーンを考慮し、タブレット端末と組み合わせてノートPCのように利用できる着脱式(デタッチャブル)キーボードをオプションで用意。マグネット式での着脱で子どもでも容易に取り外しができるようになっている。また、外部ディスプレイとのワイヤレス接続で、先生が教室内を歩き回りながらタブレットで電子黒板を操作するような授業を実現可能としている。

◆製品価格と出荷開始日
製品名:VersaPro タイプVT(Wi-Fiモデル)
価格(税別):117,500円~
出荷開始:6月予定

製品名:VersaPro タイプVT(Wi-Fi+LTEモデル※)
価格(税別):153,000円~
出荷開始:9月予定
※LTEモジュールを搭載したモデル、通信を行うためには別途回線契約が必要

製品名:VersaPro タイプVZ
価格(税別):222,200円~
出荷開始:6月予定
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)