日本科学未来館、親子向け無料スペース6/13オープン

趣味・娯楽 その他

“おや?”っこひろば
  • “おや?”っこひろば
  • ごろごろのしば
  • かきかきのへや
  • コロンコロンのかべ
  • おや? 親サロン
 日本科学未来館は6月13日、新しいコーナー「“おや?”っこひろば」をオープンする。3歳以上の子どもと保護者向けの無料スペース。さまざまな遊びやキット体験、ワークショップなどを通して、科学的な「モノの見方」を親子で楽しむことができる。

 「“おや?”っこひろば」は、同館3階にある無料スペース。面積は約600平方メートル。緑、青、白色を基調とした開放的な空間で、利用者は靴を脱いで入る。「今まで未来館が十分にサービスを届けられていなかった」という、3歳以上の子どもと保護者を対象としている。

 子ども向けエリアは、「ごろごろのしば」「かきかきのへや」「コロンコロンのかべ」「ヴンダーカンマーみんなのアイデア」の4種類。人工芝の坂でさまざまなボールや羽根を転がしたり、ホワイトボードの壁や床に絵を描くことなどができる。

 コーナー内では、週末を中心にワークショップや実験なども開催。「糸電話を作ろう」「車をはしらせよう」などの実験キットや工作キット、科学キットも貸し出し、年齢層に合わせた多彩な道具を親子で体験することもできる。

 保護者向けには、「おや?親サロン」も設置。会場内に置かれた数台のライブカメラを遠隔操作することで、普段は見られない子どもの姿に触れることができるという。

◆日本科学未来館
所在地:東京都江東区青梅2-3-6
開館時間:10:00~17:00
休館日:火曜日、12月28日~1月1日
入館料:大人620円、18歳以下210円、6歳以下の未就学児は無料、土曜日は18歳以下無料(企画展等を除く)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)