一般ユーザーが制作したLINEスタンプの販売開始

デジタル生活 ソフト・アプリ

LINE STORE「クリエイターズスタンプ」ページ
  • LINE STORE「クリエイターズスタンプ」ページ
  • 「LINE Creators Market」トップページ
  • 「LINE Creators Market」利用イメージ
 LINEは8日、一般ユーザーが制作したスタンプの販売を開始した。スタンプは、LINE STOREの「クリエイターズスタンプ」ページから購入が可能。

 これらのスタンプは、一般ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」に登録されたもの。4月17日から登録受付を開始していたが、今回、審査が完了したスタンプの販売・購入がスタートした。クリエイターが公開可能なスタンプは、約350セットとなっている。

 現時点でクリエイターの登録数は約30,000人を超え、登録申請されたスタンプは5,000セットを超えているとのこと。なお、クリエイター登録者のうち、日本国外のユーザーが約4割を占めているという。

 販売されたスタンプ売上は、50%がクリエイターに分配され、前月までの分配金額が1万円を超えると管理画面から振込申請を行うことができる。

LINE、一般ユーザー制作スタンプの販売を開始……約350セットが販売可能に

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)