魅力ある学校づくり調査研究事業実績報告書、22地域を紹介

教育・受験 学校・塾・予備校

平成25年度魅力ある学校づくり調査研究事業実績報告書
  • 平成25年度魅力ある学校づくり調査研究事業実績報告書
  • 大阪府の報告書
 国立教育政策研究所は5月27日、ホームページに「平成25年度魅力ある学校づくり調査研究事業実績報告書」を掲載した。大阪府や栃木県、千葉県、神奈川県など21府県と神戸市の計22地域の実績が紹介されている。

 実績報告書は、青森県、岩手県、秋田県、茨城県、栃木県、千葉県、神奈川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県、大阪府、神戸市、奈良県、鳥取県、岡山県、山口県、香川県、愛媛県、佐賀県、宮崎県、鹿児島県の22地域が掲載されている。

 大阪府では、寝屋川市立第五中学校を拠点校とし、寝屋川市立神田小学校と寝屋川市立和光小学校を連携校として、「すべての児童生徒が主体的に参加できる行事の創造」などの重点推進事項を挙げて取り組んだ。実施期間は平成25年4月23日~平成26年3月25日。大阪府教育委員会主催の「絆づくりワーキング・グループ会議」にて、取組みの一環を市内外に発表することができたという。

 各地域の詳細は、PDFデータで掲載されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)