桐原書店、教育関係者向けのグローバル教育セミナーを開始

英語教材の定番「フォレスト」「ネクステージ」などの出版を手がける桐原書店は、高校の経営者、教員を対象としたグローバル教育に関するセミナーを開始した。

教育・受験 学習
桐原グローバルセミナー・小松俊明先生
  • 桐原グローバルセミナー・小松俊明先生
  • 桐原書店
 英語教材の定番「フォレスト」「ネクステージ」などの出版を手がける桐原書店は、高校の経営者、教員を対象としたグローバル教育に関するセミナーを開始した。

 グローバル化の急速な加速に伴い、ここ数年、グローバル人材育成の強化が喫緊の課題となっている。文部科学省は、2014年度から「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」事業をスタート。国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高校生の段階から育成することを目的に、国際的素養を身につけるための教育に取り組む高校を指定し、重点的に支援する取り組みを開始した。

 こうした国を挙げての動きを受けて、桐原書店では、学校の経営者や教員向けの新企画「桐原グローバルセミナー」を開始した。第1回は、「一歩先行く学校経営 ~グローバル教育導入で変わる学校の未来~」と題し、国立大学法人東京海洋大学でオリジナルプログラム「海外派遣キャリア演習」を実践する小松俊明先生を講師に招き、6月7日にベルサール西新宿で開催。首都圏近郊の高校から21名の先生が参加した。

 日本のグローバル教育における第一人者である小松先生は、グローバル化を独自に推進する学校や、SGHへの申請を考えている学校へ向け、今後の方針や計画を後押しする、力強いメッセージを送った。グローバル教育を学校に取り入れたいが、どのように取り入れるべきか悩んでいるという先生の中には、「小松先生の言葉に勇気づけられた」という感想を持った人も多かったという。

 桐原書店では、本セミナーを今後も定期的に開催していく予定だ。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)