「帰国後もFBで交流」経験者に聞く中高生の夏休み短期留学

 グローバル人材が求められるいま、子どもの語学や国際教育への関心が一層高まっている。高校1年生の夏休みにイギリス・ロンドンの寮滞在プログラムに3週間参加した出澤華さんに、コースの選択や現地でのようすを聞いた。

教育・受験 その他

ケンジントン・ハイ・ストリートでお買い物
  • ケンジントン・ハイ・ストリートでお買い物
  • シャーロック・ホームズ博物館
  • ピカデリーサーカス
  • タワーブリッジ
 グローバル人材が求められるいま、子どもの語学や国際教育への関心が一層高まっている。夏休みまで1か月となり、短期留学を計画中のご家庭も多いのではないだろうか。高校1年生の夏休み(16歳)に、「地球の歩き方T&E」のイギリス・ロンドンの寮滞在プログラムに3週間参加した出澤華さんに、コースの選択や現地でのようすを聞いた。

--参加コースはどのように決めましたか。

 初めからイギリスに行きたいと思っていたので、国でコースを探しました。自分の“行きたい国”に行くことは重要だと思います。

--もって行って良かったものはありますか。

 携帯やiPodに、家族の写真を入れて持っていくと話のネタになります。また、シャンプーなどの洗面用具は日本で使っているものを持って行った方がよいと思います。

--お小遣いはどれくらい持っていきましたか。

 日本円で現金5万円、キャッシュカードで5万円分持っていきました。現金はたくさん持ち歩かないほうがよいです。

--英語力がなくても参加できますか。

 英語力をつけるために行くので大丈夫です。でも、挨拶、自己紹介、依頼表現(~してください)、日常会話で使いそうなフレーズなどはいくつか覚えておいたほうがいいです。3日もすれば、何を言っているかは雰囲気でなんとなくわかるようになりました。

--外国人の友だちと仲良くなりましたか。

 仲良くなれました。自分のことを知ってもらうことが大事なので、英語がめちゃくちゃでもとにかく話をすることが大切です。Facebookなどで帰国後も連絡を取ることができるのでいいと思います。

--洗濯や、貴重品管理はどうしていましたか。

 すべて自分で管理しました。現金や書類はスーツケースにいれて鍵はチェーンをつけ肌身離さず持ち歩きました。パスポートも同様に。洗濯は寮の同階の子と一緒にしました。日本のように洗濯物を干す習慣がなく、乾燥機にかけるので、傷みやすい服やお気に入りの服は持っていかないようにしましょう。下着や靴下は手洗いして寮の自室で干しました。その時、洗濯ロープがとても便利だったので持っていくことをお勧めします。

--スタッフは親切でしたか。

 はい。しかし、相手は日本人ではないので細かな配慮はありません。して欲しいことがあれば自分からハッキリ主張しなければなりません。

--ありがとうございました。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)