【大学受験】2014年度入試の面接実施内容…96大学を網羅

教育・受験 受験

2014年度入試の面接実施内容
  • 2014年度入試の面接実施内容
  • 京都大学
  • 慶應義塾大学
 代々木ゼミナールは6月20日、合格者のアンケートと全国の高校から提供された資料をもとにまとめた「2014年度入試の面接実施内容」を公表した。国公立大学62大学、私立大学31大学、準大学3大学の計96大学を網羅している。

 面接は、個人面接とグループ面接の大きく2つに分けられる。よく質問されるのは、「大学・学部・学科の志望理由」と「将来(卒業後)の希望進路、希望職業」だという。代ゼミのサイトでは、傾向と対策を紹介している。

 各大学の面接実施内容について、京都大学医学部医学科は、面接官2人の個人面接で、「学科試験の出来」「事前記入の履歴の内容」について質問された。

 また、慶應義塾大学医学部医学科は、面接官2人の個人面接で、「併願状況と志望度」「部活動」「何科に入りたいか」について質問された。

 このほか、代ゼミの入試情報サイトでは、2015年度国公立大学と私立大学の変更点や2015年度用医学部医学科入試データなどを掲載している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)