【大学受験2015】早慶、首都圏以外の受験生向け奨学金の募集要項発表

教育・受験 受験

早稲田大学「めざせ!都の西北奨学金」
  • 早稲田大学「めざせ!都の西北奨学金」
  • 慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」
  • 学問のすゝめ奨学金の採用予定者数
 早稲田大学と慶應義塾大学は、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の高校出身者で、経済的な理由により入学が困難な受験生を対象とした奨学金制度を実施。2015年度の募集要項がそれぞれの大学のホームページに公開されている。

 早稲田大学「めざせ!都の西北奨学金」は、首都圏以外の国内高校出身者で、学業成績が優秀であるにもかかわらず、家計の事情で早稲田大学への進学を断念せざるを得ない受験生に対して入学後の経済支援を行うのが目的。入試前に奨学金を申請し、審査の結果採用候補者となった受験生に入学後の奨学金を事前に約束する、入学前予約採用給付奨学金。年額40万円を4年間継続して支給する。ただし、毎年進級時に家計状況や学業成績による継続受給の判定を行う。採用候補者数は約1,200名。

 慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」も同様に、首都圏以外の国内高校出身者で、人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により入学が困難な受験生に対し、経済支援を行うことが目的。一般入学試験前に申請を受け付け、候補者を決定。その後、一般入学試験に合格し、入学後に所定の手続きを行うことで奨学生として採用される。また、道・府・県をブロック単位に分け、地域ブロックごとに給付人数を設定することで、地域の偏りをなくしているのが特徴。奨学金額は年額60万円(ただし医学部は90万円、薬学部薬学科は80万円)で、毎年の申請・審査により2年目以降も継続受給が可能。採用予定者数は合計107名。

 また、首都圏以外の国内高校出身者を対象とした入学前予約型給付奨学金として、青山学院大学は「地の塩、世の光奨学金」、法政大学は「チャレンジ法政奨学金」を2015年度に新設する。申請資格や申請方法などの詳細については、各大学のホームページを参照のこと。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)