【夏休み】森永、お菓子で宇宙を学ぶ不思議なワークショップ開催

教育・受験 学習

森永製菓・「おかしな自由研究」シリーズ
  • 森永製菓・「おかしな自由研究」シリーズ
  • もしも地球がチョコボールだったら?
  • スペースキョロちゃん
  • ワークショップ(イメージ)
 森永製菓は、宇宙を学べるお菓子「おかしな自由研究」シリーズの発売を記念して、7月19日から21日の3日間、お菓子を題材に宇宙を学ぶ、ちょっと変わったワークショップをイオンモール幕張新都心で開催する。

 宇宙を学べるお菓子「おかしな自由研究」シリーズは、チョコボールを地球に見立てて、太陽の大きさを学んだり、ポテロングをかじって長さを調節して星座を作るなど、子どもが楽しみながら学習できるセットだ。

 ワークショップは「もしも地球がチョコボールだったら?」 「夏の夜空におかしな星座をつくろう」 の2種類を用意、各日2回開催。会場にはこの夏誕生した「宇宙服姿」のスペースキョロちゃんも登場予定だ。

 チョコボールを地球に見立てたとき、太陽の大きさは直径140センチ。「もしも地球がチョコボールだったら?」では、その大きさの段ボールを10個に切り分けたものを子どもたちに配布し、色を塗って太陽を描く。つなぎ合わせた時の姿を楽しみながら、宇宙の星の大きさを体感する。

 「夏の夜空におかしな星座をつくろう」では、星座が描かれた夜空のシート「おかしな星のちず」を使い、星と星をポテロングでつなぐ。ポテロングの長さ調整は食べても良し。星座を学ぶことはもちろん、創作星座にも挑戦する。

◆「おかしな自由研究」ワークショップ
開催日:7月19日(土)~21日(月・祝)
開催時間:
・もしも地球がチョコボールだったら?
11:00~11:40、14:00~14:40
・夏の夜空におかしな星座をつくろう
12:30~13:10、15:30~16:10
会場:イオンモール幕張新都心内 グランドコート
定員:各回30名
料金:無料
参加方法:先着順、当日整理券配布
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)