夏休みの勉強時間、大学受験生の保護者は「11時間以上」で満足

教育・受験 受験

保護者が満足できる子どもの勉強時間
  • 保護者が満足できる子どもの勉強時間
  • 1日の総勉強時間
  • 塾や予備校などの夏季講習の受講状況
 大学受験を予定している高校3年生の夏休みの勉強時間について、保護者がとても満足できる目安は「11時間」であることが、Benesse教育情報サイトの調査結果より明らかになった。

 調査は、大学受験予定の高校3年生の保護者を対象にアンケートを実施し、271名の回答を得た。調査期間は2013年9月4日~9月10日。塾や予備校などの夏季講習の受講状況は、「通っていた」が43.5%、「通っていない」が56.5%。通っていなかった生徒は、学校の補習を利用しているケースが多かったという。

 塾などの夏季講習や学校の補習、家庭での学習を含めた1日の総勉強時間は、「5~7時間未満」がもっとも多く23.2%、次いで「7~9時間未満」19.2%、「9~11時間未満」16.6%、「3~5時間未満」15.5%、「1~3時間未満」14.0%、「11時間以上」6.3%、「1時間未満」5.2%となった。

 保護者が満足できる子どもの勉強時間について、「とても満足している」割合は、11時間未満では2割に満たないが、11時間以上となると6割近くに上る。夏休みは1日の大半を受験勉強に費やしてほしいという親心がうかがえる結果となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)