スマホ利用者調査、LINEユーザーは6割以上…ニュースアプリではYahooが約8割

デジタル生活 インターネット

SNS/コミュニケーションサービスの利用
  • SNS/コミュニケーションサービスの利用
  • LINEの利用目的
  • Twitterの利用目的
  • Facebookの利用目的
  • 利用しているニュースアプリ
 MMDLaboが運営するMMD研究所は24日、「2014年上半期スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査」の結果を発表した。調査時期は7月9日~10日で、スマートフォンを所有している20歳以上の男女565人から回答を得た。

 まず、「SNS/コミュニケーションサービスの利用」について聞いたところ、「現在利用している」という回答がもっとも多かったサービスは「LINE」61.1%で、「Facebook」46.2%、「Twitter」35.9%、「Google+」19.6%、「mixi」16.5%の順となった。「過去に利用したことがある」という回答がっとも多かったのは「mixi」で21.6%、次いで「Google+」13.6%だった。

 LINE、Twitter、Facebookの利用経験者(N=465)を対象に、「各サービスの利用目的」について聞いたところ、まず、LINEは「連絡手段(友人)」がもっとも多く70.3%、「連絡手段(家族)」が41.1%、「雑談」が21.3%となった。Twitterでは「情報収集」が28.0%、「連絡手段(友人)」が17.0%、「雑談」が15.5%だった。Facebookは「連絡手段(友人)」が32.5%、次いで「近況報告」が28.4%、「情報収集」が25.6%となり、各サービスで利用目的が異なっている傾向が明らかとなった。

 また、「スマートフォンのニュースアプリの利用」について聞いたところ「利用している」と回答した人は350人(61.9%)。そのうち78.3%が「Yahoo!ニュース」を利用していた。その他のニュースアプリでは「LINEニュース」「SmartNews」「グノシー」の順に続いた。

LINEで「連絡」、Twitterで「情報収集」、Facebookで「近況報告」

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)