【高校受験2015】慶應高校の入試日が2/12に変更、国大附属の併願が可能

 慶應義塾高等学校は7月27日、2015年度入学試験の日程を発表した。一般入試は、第1次試験を2月12日、第2次試験を2月15日に実施する。東京学芸大学附属や筑波大学附属など国立大学附属との併願が可能となる。

教育・受験 受験
慶應義塾高等学校の入学までの流れ(一般・帰国生)
  • 慶應義塾高等学校の入学までの流れ(一般・帰国生)
  • 慶應義塾高等学校の入学までの流れ(推薦)
  • 東京学芸大学附属高等学校の2015年度入試
 慶應義塾高等学校は7月27日、2015年度入学試験の日程を発表した。一般入試は、第1次試験を2月12日、第2次試験を2月15日に実施する。例年の2月13日から2月12日に変更となり、東京学芸大学附属や筑波大学附属など国立大学附属との併願が可能になった。

 2015年度の一般入試は、出願期間が1月21日~2月2日、第1次試験が2月12日、第1次合格発表が2月14日、第2次試験が2月15日、合格発表が2月16日となっている。

 神奈川県を中心に学習塾を展開する中萬学院の受験情報によると、今回の入試日変更は、例年2月16日に実施していた慶應義塾高等学校の第2次試験が、2015年度の神奈川県公立高校入試日と重なることが影響しているという。なお、例年2月16日に面接を実施する東京学芸大学附属高等学校は、神奈川県立高校の受験者に対して同日夕方に面接を実施する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)