【夏休み映像授業】理科の自由研究…炭ではねをまわそう~備長炭電池実験

夏休み映像授業「炭ではねをまわそう~備長炭電池実験」では、実験工房メビウス(浜学園)の理科博士が、備長炭や塩、水、アルミホイルなどを使って電池を作る実験を解説する。

教育・受験 学習
備長炭電池実験
  • 備長炭電池実験
 夏休み映像授業「炭ではねをまわそう~備長炭電池実験」では、実験工房メビウス(浜学園)の理科博士が、備長炭や塩、水、アルミホイルなどを使って電池を作る実験を解説する。

 用意するものは、電池の材料として備長炭、塩、水、アルミホイル、クッキングペーパー、発電を確認するためのモーター・導線、おりがみ、はさみ、竹串、輪ゴム。

 発電の仕組みや、電池の種類などを図書館やインターネットで調べ、レポートにまとめてみてはいかがだろうか。

◆炭ではねをまわそう~備長炭電池実験 ※左下の再生ボタンを押して視聴してください。




パソコンでご利用ください。


【協力】実験工房メビウス(浜学園)/NTTスマートコネクト 光Webスクール
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)