KDDIとライフイズテック、東北の中高生向けIT教育支援プログラム実施

 KDDIとライフイズテック(Life is Tech!)は8月18日より、東北の中高生を対象としたIT教育支援プログラム「東北イノベーターズプログラム」を実施する。スマホアプリやWEBサービスの開発を基礎から学びながら、地域の課題解決をテーマにアプリ制作を体験するという。

教育ICT ソフト・アプリ
プログラムの概要と実施期間
  • プログラムの概要と実施期間
  • KDDIのホームページ
  • ライフイズテックのホームページ
 KDDIとライフイズテック(Life is Tech!)は8月18日より、東北の中高生を対象としたIT教育支援プログラム「東北イノベーターズプログラム」を実施する。スマホアプリやWebサービスの開発を基礎から学びながら、地域の課題解決をテーマにアプリ制作を行うという。

 「東北イノベーターズプログラム」は、被災地の復興に向けて、東北の未来を担う人材の育成を目指すIT教育支援プログラム。宮城県東松島市、気仙沼市などの自治体の協力のもと、両市の中高生を対象に実施する。プログラムを通じて中高生のITへの知識・関心の醸成を図ることで、社会的な自立支援および被災地復興に寄与する新しい産業の創出を目指しているという。

 プログラムでは、8月18日~20日の2泊3日、東北大学でアプリ開発やWebサービス制作の基礎を習得する集中キャンプを行うほか、地域の課題解決に向けたアイデアを企画・検討する。2014年9月~2015年1月(全5回)のオンライン講座でキャンプ時に企画した、地域の課題解決のアイデアに基づくアプリやWebサービスのモックアップを制作。2015年3月の発表会では、学生が企画したアプリやWebサービスのモックアップを披露する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)